レディー

不老の鉄則|たるみを排除する化粧品を使おう

美しい肌を保つために

肌ケア用品

自分の肌に合ったものを

ビタミンc誘導体入りの化粧水は、ビタミンcの効果を直接肌に届けてくれる化粧品です。その効果は、女性にとって嬉しいものばかりですよね。ですが使い方を間違えると、肌に良くない影響が出る場合もあります。まずビタミンc誘導体には、皮脂を抑える効果があるので肌が乾燥しやすくなります。そのため、ビタミンc誘導体入りの化粧水を使った後は、きちんと保湿してあげましょう。またもともと乾燥肌や敏感肌だという方は、低刺激のものを選んだり敏感肌用のものを使用するといいですね。それから疲れがたまっていたりして、肌が敏感で乱れがちになっているときは使用を控えることも大切です。自分の肌質や毎日の肌の状態を見極めながら、自分に合ったものを使いたいですね。

肌に届けるために

お店で化粧水を選ぶとき、ビタミンc誘導体入りのものたくさんありますよね。そもそもビタミンc誘導体って、どんなものかご存知ですか。ビタミンcには体にも肌にもいい効果がたくさんありますが、ビタミンc自体は壊れやすいものなんです。仮にビタミンcを肌に直接塗ったとしても、ビタミンcは水溶性なので皮脂で満たされている毛穴からは浸透しにくいです。何とかしてビタミンcを肌に浸透させたいとなった時、ビタミンcに化合物をつけてできたものがビタミンc誘導体です。この誘導体化された状態なら肌にも浸透していきますし、化粧水に配合しても長期間安定した状態を保ってくれます。肌に浸透していったビタミンc誘導体は、体の中の酵素と反応して化合物が外れビタミンcとなり肌の内部で活躍してくれます。ビタミンc誘導体入りの化粧水はこういう仕組みなので、ビタミンcの様々な効果が肌の内部でしっかりと効くのですね。