女の人

不老の鉄則|たるみを排除する化粧品を使おう

加齢と肌の悩みの改善

化粧水

隠れた原因とは

加齢によって特に女性が悩むことの多いものに、顔の皮膚のたるみが挙げられます。目の下や頬のたるみは実年齢より老けて見える原因となります。その改善のために多くの化粧品が販売されていますが、まずはたるみの原因を把握することが大切です。たるみの原因として、それまで浴びてきた紫外線の量が関係していることが分かっています。多くの紫外線を浴びると、その影響が後々の肌の質に悪影響をもたらします。その影響の一つがたるみです。化粧品を使ってたるみを防止する場合、まずは紫外線を防ぐことから考慮する必要があります。しかし、紫外線は適度に浴びることで骨の強化やビタミンの生成のようなプラスの影響ももたらします。適度に紫外線を浴びつつ、日中の外での活動量に合わせて紫外線対策の化粧品を使いましょう。

マッサージの工夫

たるみの化粧品には、肌の悩みの原因となる紫外線対策のクリームや、保湿のための化粧水があります。いずれも肌につけた上でマッサージをすることが多いですが、その方法には工夫が必要です。マッサージの際に強く皮膚をこすったり押さえつけたりすると、むしろたるみやしわの原因となります。特に化粧水はさらさらとした触感が多いため、気持ちよくてついつい長時間マッサージをやりがちです。たるみを防止するためには、化粧品をつけた上で少しだけ額や頬、目元を押さえることが最適と言われています。たるみ対策はついつい自己流になりがちです。そのため、インターネットで化粧品の情報やマッサージの知識を集めつつ、正しい方法でケアするようにしましょう。